2012年6月13日水曜日

橋下徹と女子高生

橋下徹のことを書くのははじめてだ。
できれば無視しておきたいのだが‥

彼のことをはじめて知ったのは大阪府知事選挙だ。
彼の正体をはっきりと知ったのは高校生との対話だ。

2008年10月、私学助成削減をめぐって橋下と高校生が意見交換した。
このなかで、橋下は自らの正体を暴露した。

この出来事は全国ニュースで流れた(と思う)から多くの人が知っていると思う。
橋下は女子高生に向かって
「自己責任(私学へ行ったのはあなたの頭が悪いから)だ」
「それがいやなら日本から出て行け」
と言った。

結局1990年代に始まり、小泉が一気に加速させた新自由主義を露骨に踏襲しようとしているのが橋下だ。
以後の彼の政策や言動を見ると、一貫して自己責任、弱肉強食で貫かれている。

ところで不思議なことがある。
橋下のこの非情で独裁的な言動に多くの国民が喝采している。
この高校生との会見にしても、2チャンネルの掲示板を見たら圧倒的多数の人が女子高生をバッシングし橋下を賛美している。

おぞましいことだ。

追記(同日): 2チャンネルで気分が悪くなるが、紙屋氏のこのブログを読めばいくぶん持ち直すことができる。


ハマヒルガオ 2012.5.30撮影
◆アサガオは昼前後にはしぼんでしまうがヒルガオはずっと咲いている。ちなみに写真は午後6時36分撮影。アサガオは鑑賞用に栽培されるが、ヒルガオは雑草扱い。なぜだろう。ヒルガオの花言葉は「絆」とWikipediaに書いてあった。大切にしたいものだ。

追記(2012.6.15): 図鑑のヒルガオを見ると、葉の形が全然ちがう。写真は葉が下の方に隠れているのだろうと勝手に解釈し、ヒルガオと決めていた。今日ネットの図鑑を見ていたら、たまたまこの写真の丸っこい葉と同じヒルガオの写真を見つけた。ハマヒルガオだ。ということで訂正しておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿